平成29年度事業報告

皆様のご支援、ご指導のおかげを持ちまして、5月1日で小規模多機能型居宅介護事業所「心」は8周年を、「こころね」は6周年を無事迎える事が出来ました。職員一同感謝しております。
4月から介護報酬等改正され、プラス改定となりました。
現在小規模多機能型居宅介護事業所「心」は登録が平均27名、「こころね」29名と順調に事業が展開できる年となりました。心は純粋な事業のみの収支で見ますとプラス決算となり、こころねもプラス決算となりました。
かやぶき心で今年度より始まった総合事業「心のほとり」は出だしが悪かった為、後半一気に増えたのですが、大幅なマイナス決算となりました。
NPO法人宅老所心本部の事業として、地域づくりとしての居場所でのランチやカフェ、居酒屋。平成30年2月から子ども食堂も始まり、大いに活動させていただきました。
助け合いの取り組みも各地域から少しずつ広まってきており、草津市にも浸透してきたと感じております。

今年も会員の皆様、理事の皆様、そして地域の皆様の御支援があったからと感謝しております。超高齢化社会になった現代、だれもが避けて通る事が出来ない現実の中で、何が必要なのか、その為に特定非営利活動法人宅老所「心」として何をすべきなのか、営利の為ではなく、人に関わる仕事をする中での地域づくり、人財育成が介護として必要不可欠と思い進んでまいりました。
今後も「心」を多くの人が支えていただいている事を忘れる事なく、前進してまいります。
ありがとうございました。

 


理事長  村田 美穂子

 

ページの上へ